www.athensmessiah.com
突然遭遇するのが事故です。ここでどのように行動した結果が原因となり自動車の保険料の額も大きく変化する場合も予想できますので適切な決断力と対応が重要です。考えていない場面に巻き込まれて混乱してしまえば重要な対応を見落してしまい後々自分自身が大損を被ることもあるので自動車事故を起こした状況では以下の判断を行いましょう。自動車事故をしてしまった時に最も初めにすべきなのは怪我をした人がいるかどうかのかを確認する必要があります。自動車の事故のすぐ後は頭が混乱してぼうぜん自失となってしまう状況がありすぐには対処できないのが当然です。その場合、怪我をした人がいたら安全な場所へ移動してから応急手当をして、周りの人に助けを求める等して怪我人の最優先に努めましょう。救急車を呼ぶ場合は的確な事故の場所を伝えて不確かな状態では有名な建物や地点を知らせ事故の現場の住所が判断できるようにします。次に警察へ電話して自動車の事故が発生したことさらに状況を説明します。救急車と警察の到着を待っている間に相手のことを聞きます。姓名、住んでいるところ、免許証、相手側の保険会社など互いの内容を言います。この時相手方に違反があった場合は、その場所で片付けようとする場面がよくありますがすぐに片付けるのではなくどういうケースでも警察や自動車の保険会社連絡して、平等に調べてもらう事が欠かせません。お互いの内容を交換したら交通のじゃまになるのを避けるために妨げになる物道路から除去します。もしも障害になる物が障害物となっている時は相手と自分の情報の交換をするより優先してその作業を完了させても問題は起こりません。そして自分が自動車の保険会社に連絡を入れて車での事故が起きた事を報告します。事故から特定の時間内で保険会社に報告していないと、自動車保険の適用されない事態もありますので極力素早く電話をすることが必要です。可能ならば現場の手がかりとして、デジカメや携帯電話のカメラ等を用いて事故や事故車の破損の様子の写真を撮影しておきます。これは過失のパーセンテージ決定する時にかなり大きな証明となるので自身の自動車や相手の自動車の破損状態をきっちりと証拠として残しておくことが大切です。その際に第三者がいたのなら警察や自動車保険会社の人が来るまで事故現場に待機してもらえるように頼むのも重要です。